読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今何してる?

U.Zのネット版日記

このU.Z プリキュアを映画館で観るという偉業(?)を達成した

御無沙汰してた友人から飲みに誘われた。了承すると二人の予定が合う日が偶然「プリキュアドリームスターズ!」の公開日だった。

なので俺が「余興としてプリキュア見ない?」って言ったら「良いよ」の一発返事。

つまりまぁ・・・はい。

 

f:id:UZ-226:20170318223148j:plain

 

年末にプリキュアの映画を一気見したのが運の尽きというか何というか、

その後で一番新しく公開した「プリキュアドリームスターズ!」を公開初日で見るくらいの男になってます。この男U.Zです(;^ω^)

 

 

 

このブログでも何度も言うようだけど、俺は「ハトプリ」以外ではちゃんと見たプリキュアは「まほプリ」からが初めてだから

「goプリ」は内容までは良く知らないんだけど、プリキュアの映画の良いところは幾らかファンサービスがあってもそこまでコアなネタまでブッ込んでこないから、見てて「ん?」ってなるシーンが無いところだよね。

実際一緒に観に行ったっていう友人も、プリキュアは全然知らない人だったけど純粋に楽しめたって言ってくれたし。

まぁ、当事者の女の子たちにとっちゃ一年なんてのはもの凄い時間の差で、

「まほプリ」の時はただ見てただけだったのが「プリアラ」に今年なって、今年から物心つき始めて…ってあっという間に成長しちゃうからね。

「去年のなんて覚えてねーよ」って子もやっぱ多いんだろうね。それを考慮した上でのこの配慮なのだろう。

とにかく今回の一番の収穫はミラクルライトで「プリキュアにチカラをー」ってやってる女の子たちを直に見れたってことだよね。

プリキュアの声優さんたちも「アレは泣く」っつってるらしいけど、本当にやってるの見ると確かに感動せざるを得なかったよね・・・(*'▽')

 

今までずっとオールスターズだったのがここに来て数を急に減らしてきたからビックリしちゃったけど、

このCGクオリティで長編作りたい。

ってことに挑んだんだろーなぁ…ってのは凄い伝わって来たから納得。

流石のプリキュアスタッフでもオールスターズ全員CGにして長編なんて作ったら、それだけでスタッフ全員の寿命尽きちゃいそうですもんね・・・(-_-;) 

オールスターズの最後に皆で踊るエンディングもやばかったけど、あれでも本当に数分だけだしね。

 

今回はエンデイングこそ静止画だけだったけど、本編はマジで圧巻の一言。でした。

アニメシリーズと違って映画だと画面がシネマスコープサイズ(シネスコ)になる分だけあって、キャラの描きこみ量とかも大変そうなんだけど、

初めて映画館で観れたからなのかな・・・?

とにかく背景の力の入れ具合が際立ってて、泣いた。

そして何より今作の舞台である「桜が原」に入っている間のCGバトルシーンは大人も子供もお姉さんも、誰もが鳥肌もんのスケール。

「動き」を重視したかったんだろう。お馴染みの必殺技とかは約一名がバンク入れただけでしたのでそこは賛否両論あると思うけど、俺は個人的に良いと思ったよ。バンクは2Dの物しか無いから「俺たちの描きたいのはそこじゃない!」みたいな製作者たちの魂の声が聞こえてくるようだったね。

あんだけキラキラで、肌色がほんのり赤く染まってて、ヌルヌル動かれちゃうとその…

なんかね…最早お色気要素を意識してんじゃないかって風に見えてこないことも…( 一一)

ともかくこれだけは言わせてほしい・・。

 

「ホイップ」メチャクチャ殴ってますけど??!!

 

「動き」を重視するあまり「肉弾戦封印」のこと忘れまくってません? 確かにアレぐらいのは本編でもやってますけど、アレぐらいなら許されるってことか?

確かにこの映画では比較対象になる以前までのプリキュアが一緒にいるんで、「goプリ」と「まほプリ」面子の戦闘だけ思い返してみると、そのプリキュアたちは思いっきり握りこぶし作るわ垂直蹴りやら、言い訳のしようも無いくらい派手にボコボコやってましたけど。

うん、だからまぁ「プリアラ」の子たちが殴ったりのところは見切れてたり、ロングショットだったり、後ろ向きだったり・・・上手く隠してるってことなのか・・・なのか?

 

そんで今作のヒロイン「サクラ」ちゃんなんだけど・・・

 

f:id:UZ-226:20170318232942j:plain

 

一緒に見た友人が「さくらちゃんだったな」って・・・まぁその「さくらちゃん」のこと言ってる訳だけど、無理もない。

いきなり使い魔みたいな存在から特別なカードを渡されるし、カギを使うシーンあるし、ミラクルライトを両手で持って下に振り下げるシーンなんか「まんまじゃん!」って…(-_-;)

 

その友人とは中学の頃「さくらちゃん」繋がりで意気投合してたってこともあって、考えることは一緒だったねw

 

 

で、大満足な映画だった訳だけど、ちょっと今後がコレまた気になっちゃうよね。

ドリームスターズ路線でこれからもやっていくとして、本当にオールスターズはもう帰ってこないのだろーか?

 

f:id:UZ-226:20170318234447j:plain

 

オールスターズといえば、映画シリーズにのみ登場した「キュアエコー」がいた訳だけど、俺このキャラ結構好きだったから、もう出てこないのは正直悲しいんだよなぁ。

 

ま、でも可能性があるとしたら来年かな?

「NewStage」で初登場して「NewStage3」で再登場して

翌年の「春のカーニバル」では「あゆみ」状態で背景出演だけだったのが、そのまた翌年の「みんなで歌う奇跡の魔法」では最早ベテランプリキュアとして大活躍という…

なんか2年に1回周期で登場してる感じだったんで、今年パスしたってことはやっぱり…?

 

それとも2019年プリキュアが15周年になりますからね、それに合わせて再来年ってことも・・・?

今年「ドリームスターズ!」だったのが来年パワーアップして「ドリームミラクルスターズ!」になって

そのまた来年15周年超大作「ドリームオールスターズ!」・・・みたいなねw

 

って結局またオールスターズにならないと「キュアエコー」出られないって自分で言っちゃってる様なもんだなコレ。・・・無理だな。

 

寧ろコレは、来年「ドリームスターズ2」になって、それこそ「キュアエコー」みたいに「サクラ」がドリームスターズシリーズの主人公になって、

映画限定プリキュア「キュアサクラ」になって戦うってやつだな。きっと。そうだよ。間違いない。多分。おそらく。確実に。

 

 

 

余談

プリキュアが15周年になるってことはつまり、その年は「おジャ魔女」の20周年か・・・。

前日の限定ショップといい、こっちのが何かあるかもな・・・。