今何してる?

U.Zのネット版日記

経験値いただきました 僕のヒーローアカデミア13話

f:id:UZ-226:20160703005718j:plain

 

f:id:UZ-226:20160703035616j:plain

 

ついに最終回。

たったのワンクールじゃもの足りないね。あとご飯3杯はいけちゃうねw

 

f:id:UZ-226:20160703005436j:plain

 

と、何故かつかまってる上鳴。ずっと潜伏してた一人の敵にしてやられた。

 

f:id:UZ-226:20160703005534j:plain

 

この男も電撃使い。ずっと隠れてたことから察するに、おそらくこいつが電波をジャックしてた犯人。

 

f:id:UZ-226:20160703005545j:plain

 

下手に動けば上鳴が危ない。ここで耳郎は男に話しかけて気をそらす作戦に。

八百万もすぐその意図に感づく。

 

f:id:UZ-226:20160703005619j:plain

 

耳郎なら足にプラグを挿すだけでノーモーションで攻撃できる。これならそう簡単にはバレない。

 

f:id:UZ-226:20160703005646j:plain

 

だが敵もそう甘くはない。やっぱりバレてしまう。

 

f:id:UZ-226:20160703005702j:plain

f:id:UZ-226:20160703005707j:plain

f:id:UZ-226:20160703005712j:plain

 

3人の実力で今ここを切り抜けるのは無理。正に絶体絶命のピンチだ!

 

f:id:UZ-226:20160703005725j:plain

 

一方こちらでは、脳無が吹っ飛ばされたことで戦いが一時ストップとなっていた。

 

f:id:UZ-226:20160703005741j:plain

f:id:UZ-226:20160703005745j:plain

 

オールマイトの圧倒的プレッシャー。これには死柄木もうろたえてしまう。

 

f:id:UZ-226:20160703005758j:plain

 

「俺たちの出る幕はねえな」この3人にそう思わせるほどに今のオールマイトは「これぞナンバーワンヒーロー」と思わせる力強さがあった。

 

f:id:UZ-226:20160703005811j:plain

 

だが、デクだけは違った。

 

f:id:UZ-226:20160703005836j:plain

f:id:UZ-226:20160703005841j:plain

 

今オールマイトが言ってることはおそらく虚言だ。

土埃で上手く隠れてるが、既に変身するときに出る蒸気みたいなものが上がり始めている。それを今この場で理解しているのはオールマイト本人とデクのみ。

実際オールマイトも脳無に全て出し切ってしまったと。。。もう指一本動かせば変身が解けてしまうところまできていたようで・・・。

 

f:id:UZ-226:20160703005904j:plain

 

そんなことを知らない死柄木は、まだ健在であるように見せているオールマイトの姿にイライラしっぱなし。

もう少しで殺れた・・・脳無なら何も考えずに戦えたのに・・・。

 

f:id:UZ-226:20160703005911j:plain

 

そんなパニック状態にある死柄木を落ち着かせようと黒霧は現状を分析した。

脳無との戦闘で流石のオールマイトもダメージは深い様子。

そして生徒4人は棒立ち状態。部下も何人か動ける奴がまだ残ってる。まだ勝機はある。

 

f:id:UZ-226:20160703005929j:plain

 

立ち上がってくるザコたち。かっちゃんたちはここで再び戦闘態勢をとるが、

 

f:id:UZ-226:20160703005947j:plain

 

唯一オールマイトから眼を放そうとしないデクに?な轟。

 

f:id:UZ-226:20160703010022j:plain

 

今オールマイトの限界を知っているのは自分だけ。もしあの2人がまだ戦う気でいたとしたら・・・ヤバイのは霧の方・・・

 

f:id:UZ-226:20160703010035j:plain

f:id:UZ-226:20160703010048j:plain

 

そして予感した通り襲ってくる2人。

「脳無のかたきーーーーっ!」

 

f:id:UZ-226:20160703010057j:plain

 

飯田少年が呼びに行ったヒーローが来るまで時間稼ぎをするつもりだったが。

万事休すか・・・

 

f:id:UZ-226:20160703010117j:plain

 

そこに割って入って来たのは・・・「緑谷少年!?」

 

f:id:UZ-226:20160703010127j:plain

f:id:UZ-226:20160703010137j:plain

 

3人が気付く間もなく、死柄木ですら眼で追うのがやっと。

 

f:id:UZ-226:20160703010150j:plain

 

というのも、やっぱり足にワンフォーオールを使っていたから。

今回は失敗したようで両足骨折。

 

f:id:UZ-226:20160703010209j:plain

 

が、ギリギリ黒霧に届いた。

 

f:id:UZ-226:20160703010216j:plain

 

「オールマイトから、離れろ!」

 

f:id:UZ-226:20160703010236j:plain

 

しかし・・・まさかの・・・

 

f:id:UZ-226:20160703010251j:plain

 

ゲームオーバー。。。

 

f:id:UZ-226:20160703010314j:plain

f:id:UZ-226:20160703010323j:plain

 

瞬く間。銃声と共に撃ち抜かれる死柄木の手。

 

f:id:UZ-226:20160703010337j:plain

f:id:UZ-226:20160703010343j:plain

 

そしてそのままガンマンは上鳴たちまで救出。

 

f:id:UZ-226:20160703010401j:plain

 

カッコ良く登場する可愛い校長。

 

f:id:UZ-226:20160703010407j:plain

 

戻って来てくれた。呼んで来てくれた。

 

f:id:UZ-226:20160703010413j:plain

 

飯田委員長! ただいま戻りましたぁー!

 

f:id:UZ-226:20160703010436j:plain

f:id:UZ-226:20160703010445j:plain

 

プロヒーロー襲来!!

 

f:id:UZ-226:20160703010456j:plain

f:id:UZ-226:20160703010512j:plain

f:id:UZ-226:20160703010521j:plain

 

まずはプレゼント・マイクの爆音!

 

f:id:UZ-226:20160703010540j:plain

f:id:UZ-226:20160703010551j:plain

 

ーーーからの分身アタック!

 

f:id:UZ-226:20160703010608j:plain

 

流石にこの数のプロ相手じゃもう無理。潮時だ。死柄木は黒霧のワープで逃げようと

 

f:id:UZ-226:20160703010629j:plain

 

したが、そこにいてもこの命中率。

 

f:id:UZ-226:20160703010642j:plain

 

咄嗟に死柄木を庇う黒霧だが

 

f:id:UZ-226:20160703010702j:plain

 

吸い込まれ・・・これは

 

f:id:UZ-226:20160703010708j:plain

 

13号。まだ動けました。

 

f:id:UZ-226:20160703010716j:plain

f:id:UZ-226:20160703010720j:plain

 

逃げる直前、死柄木はオールマイトをにらみつける。

次は必ず・・・

 

f:id:UZ-226:20160703010738j:plain

f:id:UZ-226:20160703010748j:plain

f:id:UZ-226:20160703010809j:plain

f:id:UZ-226:20160703010816j:plain

 

戦いはこれにて決着した。

 

f:id:UZ-226:20160703010840j:plain

 

そしてデクは「何もできなかった」と悔しがるが・・・

 

f:id:UZ-226:20160703010852j:plain

 

「そんなことはない。あの数秒がなければ殺られていた」とオールマイト。もう半分変身が解けかかっていた。

 

f:id:UZ-226:20160703010906j:plain

f:id:UZ-226:20160703010912j:plain

f:id:UZ-226:20160703010920j:plain

 

また、救けられちゃったな。

 

f:id:UZ-226:20160703010926j:plain

 

オールマイト。無事で良かったです。

 

f:id:UZ-226:20160703011120j:plain

 

今回は決着がついたが、大変なのはこれから。そう敵の主犯格は逃してしまったのだから。

 

f:id:UZ-226:20160703011132j:plain

 

プロがこんだけここに集まってるってことは、学校の他の施設まで襲われた訳ではなさそうだなと轟。

 

f:id:UZ-226:20160703011141j:plain

 

一人だけデクを心配してやってきてくれた切島。その優しさを買ってくれるオールマイトだったが

 

f:id:UZ-226:20160703011151j:plain

 

今は来ないでーっ!!!

 

f:id:UZ-226:20160703011216j:plain

 

デクもすぐ気づいて切島に止まるように言うが、切島止まらず。けど

 

f:id:UZ-226:20160703011230j:plain

 

いきなり目の前に壁が出現し強制的にストップをかけられる。

 

f:id:UZ-226:20160703011242j:plain

 

出現させたのはモチロン錬金術ヒーロー。

ケガ人はこっちで回収するから無事な生徒は自力で入り口に集合して。と切島にはそう伝え、物わかりの良い切島は一発で方向転換。

 

f:id:UZ-226:20160703011253j:plain

 

切島は轟とかっちゃんに今のことを伝え入り口の方へと走って行った。

 

f:id:UZ-226:20160703011300j:plain

f:id:UZ-226:20160703011308j:plain

 

間一髪のところを助けてくれたのはプロヒーローのセメントス。何でも彼もオールマイトのファンだとかで、真っ先にこっちに来たんだとか。

彼の個性は触れたコンクリを粘土の様にして自由自在に操るというもの。

錬金術師ではなかった

 

f:id:UZ-226:20160703011320j:plain

f:id:UZ-226:20160703011328j:plain

 

オールマイトですらこんなになってしまったのは、敵が実際に強かったから。

次はこうはいかないかもしれない・・・。

 

f:id:UZ-226:20160703011336j:plain

 

その頃、死柄木たちは基地に戻って来ていた。

 

f:id:UZ-226:20160703011359j:plain

 

銃で4か所も撃たれ満身創痍。

オールマイトは健在だったし、敵連合はどいつもこいつも弱くて、逆に生徒が皆強くて・・・。何もかも計算外。

「先生からオールマイトは弱ってるって聞いたから」と先生に話しかける死柄木。

まぁでも全部無駄ってことはなかったろ。と先生。

そーいえば。とオールマイト並みの速さで突っ込んできた一人の生徒を思い出す死柄木。

 

f:id:UZ-226:20160703011420j:plain

 

あのガキさえいなければ・・・。

 

f:id:UZ-226:20160703011433j:plain

 

次はじっくり時間をかけて精鋭を集めろ。先生はそう死柄木に助言するのだった。

 

f:id:UZ-226:20160703011447j:plain

 

現場に駆け付けて来た敵受け取りかかり、もとい警察。

 

f:id:UZ-226:20160703011455j:plain

 

生徒はデクを除くほぼ全員が無傷。

 

f:id:UZ-226:20160703011519j:plain

 

尾白が一人で戦っていたことを知った葉隠は「すごかったね」と。なんか戦闘訓練の時組んだ二人だけあって仲良し?

で、葉隠はというと、土砂ゾーンにいたみたいで。

 

f:id:UZ-226:20160703011546j:plain

 

そこは轟が無双していた場所。「もう轟くんが凄くって」

で、どうやら葉隠に気づいてなかった轟はというと「危うく凍らすとこだった。危ねー」と独り言。

 

f:id:UZ-226:20160703011603j:plain

 

で、この男青山はどこにいたって・・・

 

f:id:UZ-226:20160703011607j:plain

f:id:UZ-226:20160703011616j:plain

 

って誰も聞いてないし・・・

 

f:id:UZ-226:20160703011622j:plain

 

「どこにいたの?」やっと聞き返してくれた梅雨ちゃんだが。

 

f:id:UZ-226:20160703011633j:plain

 

青ー「秘密さ!」

梅ーガン無視

で、梅雨ちゃんは気になってた先生の安否を警察の人に聞いてみることに

 

f:id:UZ-226:20160703011653j:plain

 

相澤先生は右腕と眼に酷いダメージを受けていて

 

f:id:UZ-226:20160703011701j:plain

 

13号も後背部に相当の深手を負ってるとのこと。

ただし、とりあえず二人とも命に別状はないと。

 

f:id:UZ-226:20160703011739j:plain

 

しかしこの2人が一番心配してるのはデク。デクは大丈夫なのか?

 

f:id:UZ-226:20160703011753j:plain

f:id:UZ-226:20160703011806j:plain

 

デクはオールマイトと同様そこまで酷いダメージってことでもなかったのでリカバリーガールの個性だけで十分回復できるらしい。

それを聞いて皆も一安心。

 

f:id:UZ-226:20160703011814j:plain

 

ついでに働いてる警官にビックリ。「猫だ」「犬じゃないんだ」

 

f:id:UZ-226:20160703011828j:plain

 

そしてかっちゃんはただ一人USJの方を向いたままだった。

 

f:id:UZ-226:20160703011835j:plain

f:id:UZ-226:20160703011842j:plain

f:id:UZ-226:20160703011850j:plain

 

あの時のデクの動き・・・反応・・・

 

f:id:UZ-226:20160703011857j:plain

 

そこに切島が声をかけにきて、かっちゃんもバスへと向かうのだった。

 

f:id:UZ-226:20160703011909j:plain

f:id:UZ-226:20160703011919j:plain

 

簡単にセキュリティを突破されてしまったことに正直驚きの校長。大幅にセキュリティ強化しなくては。

ただでさえワープなんて珍しい個性を持つ者が敵側だなんてと話すセクシーなヒーローの言葉に校長も何か思う所があるみたいで・・・。

 

f:id:UZ-226:20160703011935j:plain

 

その頃警察が敷地内で脳無を捕獲していた。暴れるようすも話す様子もないとのことで簡単に捕獲できたらしいが・・・。

命令を受けてないから動けないのは分かるとして、既に無傷に戻ってるところが恐ろしい・・・。

 

f:id:UZ-226:20160703011950j:plain

 

警察はこれから敷地内全域を見て回ると校長に伝える。

敵受け取り係なんて言われてる警察だが、権限はやはり警察のが上。捜査は任せると校長直々に許可がおりた。

 

f:id:UZ-226:20160703012025j:plain

 

そして時は経ち保健室。この前オールマイトにもデクにも言ったのにまたしても、しかも今回は二人して同時にこのありさまで、でも今回は事が事だったからとグチも言えないリカバリーガール。

 

f:id:UZ-226:20160703012045j:plain

 

活動限界が更に短くなっていると自分の情けなさに悔しそうに声を漏らすオールマイト。

 

f:id:UZ-226:20160703012055j:plain

 

そこにやってくる警察の人。

 

f:id:UZ-226:20160703012103j:plain

 

デクは正体バレちゃうと焦るが、オールマイトは落ち着いていた。

大丈夫。彼は一番仲良しの警察の塚内くんだ。

 

f:id:UZ-226:20160703012115j:plain

 

そしてオールマイトは真っ先に生徒が無事かと質問した。

 

f:id:UZ-226:20160703012129j:plain

 

で、無事だと知って一安心。デクも同じく。

 

f:id:UZ-226:20160703012138j:plain

 

完全勝利と言えないまでも、これはイレイザーヘッドと13号とオールマイトが命がけで戦かって得た結果だと賞賛する塚内。

 

f:id:UZ-226:20160703012150j:plain

 

だがオールマイトは言った。それは少し違うと。

 

f:id:UZ-226:20160703012200j:plain

 

今回は自分たちだけでなく、生徒たちもまた命がけで戦った。だから勝利したのだと。

 

f:id:UZ-226:20160703012213j:plain

f:id:UZ-226:20160703012219j:plain

f:id:UZ-226:20160703012226j:plain

f:id:UZ-226:20160703012231j:plain

 

授業ではなく実戦の中で、自分たちで考え、戦って、得た勝利なのだと。

 

f:id:UZ-226:20160703012241j:plain

f:id:UZ-226:20160703012250j:plain

 

これだけの生徒にこんなにも早い時期に命がけの実戦を体験させてしまうなんて、敵もバカなことをした。

「このクラスは強くなるよ」オールマイトはそう確信していた。

 

f:id:UZ-226:20160703012256j:plain

f:id:UZ-226:20160703012259j:plain

f:id:UZ-226:20160703012303j:plain

f:id:UZ-226:20160703012316j:plain

f:id:UZ-226:20160703012322j:plain

f:id:UZ-226:20160703012326j:plain

f:id:UZ-226:20160703012331j:plain

f:id:UZ-226:20160703012335j:plain

f:id:UZ-226:20160703012338j:plain

f:id:UZ-226:20160703012343j:plain

f:id:UZ-226:20160703012348j:plain

f:id:UZ-226:20160703012355j:plain

f:id:UZ-226:20160703012359j:plain

f:id:UZ-226:20160703012403j:plain

f:id:UZ-226:20160703012407j:plain

f:id:UZ-226:20160703012411j:plain

f:id:UZ-226:20160703012415j:plain

f:id:UZ-226:20160703012418j:plain

f:id:UZ-226:20160703012422j:plain

 

f:id:UZ-226:20160703012429j:plain

 

もちろん緑谷少年もな。とでも言ってるようなグーサインに

 

f:id:UZ-226:20160703012437j:plain

 

デクも無言でただ力強く頷いた。

 

f:id:UZ-226:20160703012621j:plain

 

そして回復は終わりやっと下校。

 

f:id:UZ-226:20160703012635j:plain

 

すると外ではこの2人が待っていて・・・。

 

f:id:UZ-226:20160703012643j:plain

 

感無量だぜっ!

 

f:id:UZ-226:20160703012700j:plain

 

ただ、今回の事件がこれから起きる大事件の発端に過ぎなかったのだということを、僕等はこれから思い知ることになる。

 

f:id:UZ-226:20160703012708j:plain

 

忍び寄る影は、そこまで来ている。

 

f:id:UZ-226:20160703012609j:plain

f:id:UZ-226:20160703035522j:plain

 

第一期・・・

 

 

今回のマイベストショット

f:id:UZ-226:20160703010418j:plain

 

ヒーロー大集結のシーン。

この人等全員雄英の教師とか、先生だけでもキャラ濃すぎ。ま、個性が強いって意味だから当然だけどねw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:UZ-226:20160703012719j:plain

 

まだ伝説は始まったばかりだってばよ!

次はきっと2クールできるぐらいまで溜めてからやるよね? そーだよね?

楽しみにしてるっ!