読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今何してる?

U.Zのネット版日記

これが本来の一話! 僕のヒーローアカデミア 2話

f:id:UZ-226:20160411094851j:plain

 

一週間が早いこと・・・。

もう休暇は終わり、すぐに学校ですわ・・・。

 

f:id:UZ-226:20160411094949j:plain

 

液体状のヴィランをボトルに閉じ込めたオールマイトだったが、何故かこんなとこに落っこちてたのである。

 

f:id:UZ-226:20160411095116j:plain

 

そしてそこに通りかかるかっちゃんに寄生しようと襲い掛かるドロドロヴィラン

・・・ってかなんか最近こんなの見たと思ったら、ジョジョ四期の最初の敵でしたw

 

f:id:UZ-226:20160411095238j:plain

 

始まって早々、出久に正体がバレるオールマイト。

 

f:id:UZ-226:20160411095339j:plain

 

5年前公式に発表されなかったとある事件により、ケガを負わされたオールマイト。それにより、ムキムキボディでいられるのが一日3時間程が限度なのだとか・・・。、、まぁ、3分しか戦えないウルトラマンと比べたらまだまだ・・・。

 

f:id:UZ-226:20160411095609j:plain

 

あのナンバーワンヒーローのオールマイトですら、ヒーローを続けるのは酷なことであり、本人から「力が無くとも成り立つとは、とてもじゃないが口にできないね」と言われたんじゃ、このショックな顔も仕方ない。。。(ノД`)・゜・。

 

f:id:UZ-226:20160411095745j:plain

 

ここで、やっと例のヴィランを落としていたことに気が付くオールマイト。

近くで爆発音が聞こえ「まさか・・・」

 

f:id:UZ-226:20160411100045j:plain

 

既に戦闘は始まっていた。

前回オールマイトに瞬殺されたヴィランだがあれはオールマイトだからこそであって、実は意外とやっかいな奴だった。

 

f:id:UZ-226:20160411100240j:plain

 

しかもかっちゃんが抵抗して周りが大爆発するもんだから、一帯が地雷原という恐怖。ヴィランもこのかっちゃんを操ろうってんだから恐ろしい・・・。

 

f:id:UZ-226:20160411100435j:plain

f:id:UZ-226:20160411100447j:plain

 

というわけで全然手がだせないヒーローたち。相性の良いヒーローがくるまで被害が拡大しないよう見張ることしかできないという体たらく。

きっとこんな状況でも「無免ライダー」なら戦ってるよ?www

 

f:id:UZ-226:20160411100715j:plain

 

一方そのころ、オールマイトから現実を突きつけられた出久はそろそろあきらめるしかないかなーと悔し涙をうかべながらとぼとぼ歩いていた。

 

f:id:UZ-226:20160411100855j:plain

 

そして辿り着いた先は例のヴィランがいるところ。ついクセでヒーローがいる現場に足を踏み込んでしまったのだが、例のヴィランが暴れてるのを見て「自分のせいでオールマイトが落としたんだ」と気づいて絶望する。

 

f:id:UZ-226:20160411101054j:plain

 

抵抗してるのが自分と同じ中学生と聞いて、さっき自分もつかまって苦しいのを知っているから気持ち悪いのを思い出すと同時に、その中学生が凄いと感じる出久。

 

f:id:UZ-226:20160411101308j:plain

 

ところでここにもうオールマイトは来てるわけだが、何も知らない一般人は「さっきオールマイト見たのに何してんだ!?」などと言っていて、

でももう限界ギリギリで動けないオールマイトは「情けない」と思いつつも待つことしかできなかった。

 

f:id:UZ-226:20160411101529j:plain

 

近くでそれを聞いていた出久は自分のせいでオールマイトが悪く言われてるのを知って更に惨めに・・・。早く相性の良いヒーローがやってきてやっつけてくれ。それまで耐えてくれ中学生。そう願うしかなかった。

が、その時出久は見てしまった。

 

f:id:UZ-226:20160411101736j:plain

 

「かっちゃん・・・ッ!?」

 

f:id:UZ-226:20160411101754j:plain

 

瞬間走り出す出久。

オールマイトだけでなくヒーロー皆がびっくりさ!

 

f:id:UZ-226:20160411101931j:plain

 

なんとかヴィランに飛びつく出久。これにはかっちゃんも流石にびっくり。出久には無理でしょ。

ここのムシムシしてる出久かわいいなw

 

f:id:UZ-226:20160411102158j:plain

 

「何で来た!?」のかっちゃんの問いに、「分かんない」とか「色々ある」とか訳わかんないこと言ってる出久。

けどとにかく必死で、体が勝手に動いてた出久はこう答える。

「君が救けを求める顔してた」

 

f:id:UZ-226:20160411102510j:plain

茶番にキレたヴィランはここで出久を殺そうとするが、出久の言葉に動かされたオールマイトは、自分の言葉に責任を持つためにも、「プロはいつだって命がけ」を実行。

既に活動限界を超えているオールマイトは吐血しながら必殺技を放つ。

 

 

f:id:UZ-226:20160411103212j:plain1カメ

f:id:UZ-226:20160411103239j:plain

2カメ

f:id:UZ-226:20160411102735j:plain

3カメ・・と

デトロイトスマッシュ ・・・決まりですね。

(ぶっちゃけると念を込めただけの右ストレートなんだけどね)

 

f:id:UZ-226:20160411103522j:plain

 

そして助けられた二人。と同時に雨が降って来て・・・。

なんでもオールマイトのパンチ力が強すぎて上昇気流が発生して雨雲が出てきたのだとか。これで火もおさまって一件落着。

 

f:id:UZ-226:20160411103755j:plain

 

野次馬やヒーローたちに称賛されながら、オールマイトも渾身のガッツポーズ。

おいおい、ジョジョだったらむしろ雨降っちゃってる方がヤバいでしょ? ←  まだ引っ張ってたw

 

f:id:UZ-226:20160411103848j:plain

 

そしてその後、帰り道にてかっちゃんに呼び止められる出久。

「救けなんていらなかった!」「求めてもねー!」などなど、それだけ言って去っていく後姿。ツンデレかい・・・ ← デレはない。

 

f:id:UZ-226:20160411104217j:plain

 

そしてかっちゃんにも言われ、ついにヒーローの夢をあきらめようとしたその時、そこに現れるオールマイト。

 

f:id:UZ-226:20160411104333j:plain

 

今回の事件は出久のおかげで解決できたも同然。わざわざお礼とお詫びと、そして提案を持ちかけてくるのだった。

学生時代に逸話を残しているヒーローも当時出久と同じように、「考えるより先に体が動いていた」と言っているとの話を聞く。

 

君はヒーローになれる

 

f:id:UZ-226:20160411104758j:plain

 

ずっと誰かに言ってほしかったその一言。

その一言を自分の憧れのオールマイト本人から言ってもらえるなんて、これほどのことがあるだろうか。

感情が爆発する出久。体は崩れ落ちるわ、涙はボロボロ流れて来るわ、もうグチャグチャ。でも心んなかはこれ以上ないくらい最っ高な気分です!

 

f:id:UZ-226:20160411105141j:plain

 

そして物語は幕開く。

「これは僕が最高のヒーローになるまでの物語だ」

最後の言葉聞いた? つまりオチは第一話の時点で決まってるワケよ。最高のヒーローになるエンディングしかないのさ。最ッ高だね!

 

と、まぁもともと漫画の第一話の話だから、ここまで見てやっとアニメの一話からの起承転結が決まったわけだ。

ヒーローを夢見ていた少年がなれないと知って絶望し、それでもきっとチャンスはあるともがき苦しみ、そのうえで憧れのひとから「なれない」と引導を渡されドン底まで落ちたのにもかかわらず、自らの行動で絶望を希望に変え、そして未来には更なる希望が待っていると宣言までしてしまう。

これ折れ線グラフにして見てみたら凄いよwww

 

 

今回のマイベストショット

f:id:UZ-226:20160411110234j:plain

 

君が救けを求める顔してた

そりゃあね、じぶんが見下していたデクにそんなこと言われてしまったんじゃあ、アヘ顔にもなりますわ。 ← アヘ顔ちゃう(-_-;)

 

 

ってかたまたまこの第一話が掲載されてるジャンプを俺まだ持ってるんだけど、その理由が、

「まだ単行本未掲載のハンターハンターの話が載ってるから」なんだよね。

ハンターハンターの連載始まってもし33巻が発売されても、せっかくだからこの号だけは記念にとっておこうと思った今日この頃でした(^_^)