読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今何してる?

U.Zのネット版日記

新年早々のコレ

f:id:UZ-226:20160101004417j:plain

 

あけましておめでとう

今年の年賀状はこんな感じになっちゃいましたね。問題は年賀状を出した相手だよ。

俺が「おジャ魔女どれみ」沼にハマってったのは、このブログを見てる人なら御存知のとおり、大体一年くらい前になるんですよね(正確には2014年12月11日)

 

それまでの俺は、漫画家目指してるとはいえまだ正常という枠に収まる人間(?)であったと自負している。

だが「おジャ魔女どれみ」のファンになってからは完全に壊れた。

オタクもヲタク。これに人生を捧げても良いって気持ちになれるくらいの、常識人から見たらアブノーマルすぎる人間にチェンジしてしまったのです。

 

そしてそれ以前までに仲良くしていて、今はもう年賀状でしか連絡を取り合って無いようなそんな人々皆に、この年賀状を送り込んでしまったのです。

「U.Zに何があったのか!?」きっと皆不安がるだろう。

「U.Zいつの間にかタダのオタクになってる」そー思われるだろう。

俺と同世代なら皆このキャラ見て「おジャ魔女どれみ」って分かるひとばっかりだと思うしねえ・・・。

大丈夫。俺は元気だよ。寧ろ以前よりも増して。

 

 

 

そして本日偶然にも凄いことがおこりましてね。

ちょっと説明のために前置きが長くなるのですが・・・。

 

おジャ魔女どれみ」にハマった人は=馬越先生の絵に惚れる。ってくらいに馬越先生の絵は素晴らしい。

ってな訳で先生の東映アニメ画集を「おジャ魔女どれみ」にハマったそのタイミングで買ってしまった俺。

でも当然それまで先生のことを何も知らなかった俺は「ハトプリって何?」「マリガリって何?」ってなるわけですよ。

「マリガリ」の方は丁度良くEテレで再放送始まったから今も見続けているけれど、「ハトプリ」については何も分からないままで・・・。

「せっかく画集買ったのに見ても何も分かんないとか矢田ぁー!」ってな感じになってしまった訳ですね。

 

という経緯により、とある日より「ハトプリ」をついに一日一話ずつ見始めるのです。

そして偶然起きた凄いことというのが・・・

一日一話ずつ見ていたら12月31日が「スーパーシルエット」になった話の後に来たのです。つまりリアルタイム的にはここで劇場版が公開されていたのです。(正確にはその話が放送される前日に上映だったらしいが)

 

f:id:UZ-226:20160101011937j:plain

 

まぁ、そーゆーことです。俺は

映画ハートキャッチプリキュア! 花の都でファションショー・・・ですか!?

を見ながら年を越しました。 ← なんということだ。もう2016年になっとるw

 

CV大谷育江のゲストキャラが映画の主役で、舞台がパリって・・・

もしリアルタイムで追って知っていれば「おジャ魔女どれみ16」も、もっと楽しめたってことだったのか。栗山先生そーゆーことしてくるのズルいわ(-_-;)