今何してる?

U.Zのネット版日記

おジャ魔女どれみ 完結編

f:id:UZ-226:20151213164301j:plain

 

最終巻発売までのカウントダウンをしておいて、当日に何も記事を書かなかったこの俺U.Z

で、この画像はなんなのかって? 決まってる。

サイン会行ったんだよwww

 

俺には遠い世界だよ。人間界と魔女界くらいに。

 

って前回の記事で書いたと思うけど、まぁそこは「ハナちゃん」が魔女界の女王になって人間界との垣根を取り払ってくれたから・・・

だから俺もサイン会に行けたってことにしておきましょーよ。

俺がハナちゃんを描いてくれるように馬越大先生に指名したのも、俺の中では勝手にそーゆーことになってる。(じゃなきゃ多分普通にどれみ指名してた)

⤴ 自分で書いてて意味分からんけど(-_-;)

 

メインのキャラじゃなきゃ「梅野ゆかり」一択だったけど、まぁそこは空気を読んで・・・。

って俺の目の前の人は「聖闘士星矢」のキャラ描いてもらってて、馬越先生も俺含め周りの一般客も笑うしかなかったよね。

「ここってどれみのサイン会だよね!?」ってな感じでwww

 

サイン会にはゲストでちばちーさん(どれみの声優)も来ていて

そんなこと事前に聞かされてなかったから、いきなり目の前でどれみの声がした時は思わず鳥肌立っちゃったよね。ブルってなったよブルってwww

流石アニメおジャ魔女のプロデユーサーさんに「ガジャ声」と呼ばれ続けただけのことはある声だったね。生で聞くとマジでガジャ声なのね(^^♪

 

www.pixiv.net

pixivには今日の早朝に新しいイラストをあげておきました。

最後まで「も~っと! 魔女見習い、バージョン18」だったのに、公式で全員集合イラストは「ドッカ~ン!」の見習い服になってたんだよね。(多分ハナちゃんに合わせてだと思う)

だから実際ハナちゃん以外は「も~っと!」の見習い服でいる方が正しいだろうということで、イラストはそんな感じになりました。

 

ドラマCDでマジカルステージのBGMが「ドッカ~ン!」の時のものだったのはスルーしとこーね。

 

 

・・・というわけで、ここからは小説を読み終わった感想を書いていくつもりです。

ネタばれを書かない自信がないので、まだ読んで無い人は無視したってや。

最近知ったけど、これをスマホで見てる人は記事の続きを読めない仕様にしても意味ないらしいね。

気を付けてください( 一一)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずどうしても言いたいのが

「小島よしお」ってすげー男だなッ!

おジャ魔女どれみシリーズでおそらく実名が出た人物ってこの人だけじゃねwww ってか出して良い名前だったのか?

それこそ、そんなのカンケーネーのか?

 

とにかく、小島よしおという名前が出たのもアンリマーが再登場したからな訳だが、

アンリマーどうしたよオイ(;^ω^)

おバカキャラもここまでいくと滑稽だよな。愛しのあいこにガン無視されてもマイペースとか、そーゆープレイが趣味になったのかと勘違いされるようなキャラ変ぶりに、おそらくファンのほとんどが絶句モンだよ。

 

今までずっとどれみ主観で物語が進行していった小説シリーズだったが、

最終巻はハナちゃん除くおジャ魔女5人の2009年生活記録になっていた。

一章ごとに主人公が変わって行って、それで章が変わるごとに時間が戻るからなんか新しかったね。

感覚的には「♯」のドラマCDにあった「長ーい一日シリーズ」みたいな感じ。その時この子はここでこんなことをしていた。みたいなね。

 

そして残念だったのが、(残念ってことでもないんだけど)一冊の内で内容の核にあたる部分がほとんど海外での話であったため、あいこはともかく一番メインの主人公のどれみの内容も気持ち薄く感じちゃったことだね。

おんぷとハナちゃんの二人旅のシーンは、本当に珍しい組み合わせでファンにとって嬉しいことだったけど、はづきとおんぷとももこが海外でワチャワチャやってるときに、あいこはひたすら走っててどれみはひたすら勉強してるだけとか・・・。

のけもの感半端ないよね(ノД`)・゜・。

 

まぁ最後はハッピーエンドで幕を閉じてるし、そこはおジャ魔女シリーズの型を破らずにいてくれたから何も文句は無いけどね。

最後MAHO堂に友達が集まってくる流れもアニメシリーズと同じで感動したし。

ドラマCDも文句なしで感動したし。

 

そーいや最後の最後に登場した新キャラの名前には吹いたわ。

「小竹」とか「関」とか「雪」とか「五十嵐」とか「堀内」とかとかとか・・・。東映のスタッフの名前をもじったキャラが沢山いることでもおジャ魔女は有名だけど

最後に登場したキャラの名前が「山栗」て・・・まんま著者「栗山」さんでしょコレwww

「山栗」は小竹に雰囲気が似てる子とのことらしかったが、最後の後書きで栗山さん本人が「学生時代に退学処分寸前だった」みたいな人だったらしいこと書いていたので、自分を丸ごとモデルにしたキャラって可能性もあり得るね。

山栗少年が動いてるとこ、もっと見たかったかもな。

 

っと、これ以上書くと収拾つかなくなるので、もうこのへんで・・・。

 

人気なシリーズってのはオリジナルが終わっても、コンテンツそのものが消え去ることはほぼ無いですからね。

それに噂じゃ最終巻は今までの巻よりバカ売れしてるとかなんとか聞きますし、金さえありゃまたアニメ化したいとスタッフ自ら語ってたくらいだからね。

ここはデジモン以上に映画化を期待したいところです。

 

おジャ魔女よ、永遠なれっ!