今何してる?

U.Zのネット版日記

嬉しくて 悲しくて

今週、高校の時の友人と近所の映画館で「バケモノの子」観てきました。

f:id:UZ-226:20150715090338j:plain

単純に面白かった!

でも、それがどうしてかってことを具体的に文字に書き起こす自信ありませんw

 

昨年の夏からの間で俺は「デジモンアドベンチャー」と「おジャ魔女どれみ」を見て

それに細田守が関わっていることを見てから初めて知って

そのあと、まだ見てなかった「おおかみこども」も観て

意図せずに細田守作品を幾つも見てしまっていた訳ですが・・・

 

ぶっちゃけざっくばらん(?)に言うと、この「バケモノの子」で本格的に細田守監督が好きになりました。

 

なんかもう、本当に凄いってしか言えないんだけど・・・w

上手くまとめる自信ないからささっ書きたいことだけと書くと、

「良くぞ異世界を描いてくれました!」ってことかな。

 

デジモンアドベンチャー」の映画第一作目では、太一の父さんのPCからデジモンが出てきちゃって、それがグレイモンに進化して大暴れする大怪獣ものだったし、

本編の第21話「コロモン東京大激突!」では丁度太一が人間界に帰って来ちゃったところで、

映画の第二作目「ぼくらのウォーゲーム!」では、人間界ではないにしても、異世界と言うには程遠いような球体の中のような電脳世界だけしか出てこず、

つまり、あんなに異世界(デジタルワールド)での戦いを中心に物語が形作られてる「デジモンアドベンチャー」で、細田守はあえてなのか一度もそれを描かなかった。

 

おジャ魔女どれみ」でも同様で、魔女界という名の異世界が作品の中に存在していて、しかも人間界に暮らす魔女は数える程しかいない特別な魔女って設定があるのに、

あえて細田守が描いた「ドッカ~ン」の第40話は、人間界に暮らす特別な魔女とどれみの短い交流の話。

49話でも、魔女界は出てきそうで結局出なかった。

 

時をかける少女」「サマーウォーズ」はどちらも「ぼくらのウォーゲーム!」に似た球体の形をした電脳世界。「サマーウォーズ」は中で生活する人(アバター)がいたし、一応異世界って言えなくもなかったけど・・・

 

おおかみこどもの雨と雪」はそれこそ現実世界の話だった。

 

これに共通するのが、主人公が普通でない存在と生活を共にしているか、もしくは主人公そのものが普通でないか、ってところ。

 

これの意味するのはおそらく、細田守ジブリの様なファンタジーだったり徹底したリアリズムだったりのそのどちらでもなく、リアルの中のファンタジー、いや日常の中の非日常とでも言うか、それを得意としているんだと思う。

 

飽くまで舞台は人間界。そこに現実離れした設定が何か一つでも加わることで、細田守はそれを独自のセンスで上手い具合に面白く仕上げていっていたと、そのように俺には感じられた。

 

そう、そして今回はその限りでなかったということだ。

ついに異世界、バケモノの住む街「渋天街」というファンタジーの舞台が現れたのだ。

まぁ見た感じは東洋系の建物が色々ごっちゃになっただけの人間界とあんまり変わりなく、空に建物が浮いてたり水が紫色だったり、ファンタジーファンタジーしてはいなかったんだけどね。

バケモノなのに朝飯が卵かけごはんとかむしろ違和感w

 

でもだからこそ、新しい挑戦のはずの異世界なのに細田守らしい味が沢山出てて素晴らしかった。

 

でもやっぱり最後の戦いは「デジモン」のそれっぽかったねw

 

 

ところで

今度のジャンプの金未来杯に「GALAXY GANGS」出るみたいですね。

前に予想してたのあたりましたね。ってか誰でも分かるかってくらい既に上手かった訳だけどw

 

uz-226.hatenablog.jp

 

 

ってわけで今回のも予想してみましょう。

 

f:id:UZ-226:20150715100817j:plain

 

今回絵が好きだったのは聖司先生の「百花の希」

内容で好きだったのは辻夕日郎先生の「TK4-タケシ-」

でも全体的に前回のがレベル高かった印象。

しかしこの中からも連載とってくれる人いてほしいね。

じゃないと「新人」にすらなれる力量のない俺含め数多の漫画家志望の子の希望がドンドン薄くなってってしまいます。 ・・・え? 俺はもう子供じゃないって?

はは・・・実際10代でプロになってる奴なんて幾らでもいるしな。俺の現段階は既に落ちこぼれレベルってことか。厳しいヨノナカだ。

 

 

 

P.S.

岩田聡氏、自分の幼年期・少年期はあなた様のおかげで本当に楽しい日々でした。ありがとうございました。

御冥福お祈りします。

f:id:UZ-226:20150715103043j:plain

俺の青春 コイツ無しでは語れない