読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今何してる?

U.Zのネット版日記

家族で大事なのは「パパ」 親子で大事なのは「ママ」

 故に親子関係のイベントである「母の日」「父の日」で、「母の日」だけスポットを当てられやすいのかもしれないね。

 

でもちゃんと存在するんだから、忘れちゃいけないよ。

 

今日は父の日です!

 

ってことで、母の日同様にイラストを描きました。

f:id:UZ-226:20150621104118j:plain

 

おジャ魔女どれみ」シリーズで唯一「父の日」がテーマだった回の主役2人。

左が「梅野ゆかり」 右が「松下あや」 中央にいるのは2人のお父さんですね。

 

おジャ魔女どれみ」でもやはり「母の日」ばかりスポットを浴びていて、そっちは第2~4期の3回存在するのですが、「父の日」は4期の一度という・・・

ですが逆にそのおかげでこの「父の日」回はまた良い話なんですよね。

 

ちなみに言うと「どれみ」の同級生の中で、俺が一番好きなキャラクターは「梅野ゆかり」ですwww

「どれみ」のお団子 「信子」のアヒル口 その2つの要素を合わせ持つという俺好みのキャラデザでありながら、お父さん思いの優しい娘という・・・(*'▽')

 

この「父の日」回というのは

おジャ魔女どれみドッカ~ン」第19話「お父さんは素直になれない!?」の回です。

「ゆかり」の家は銭湯で「あや」の家は寿司屋という2人ともお父さんが自営業しているところの娘で、「どれみ」たちが「毎日おっきな湯船に浸かれたり、おいしいお寿司食べれたり羨ましいな」と適当なことを言ってしまうところから始まります。

羨ましいどころか、家では人を雇う余裕がないからって毎日手伝わなきゃいけないし、家族そろって食事できないどころか、休みの日の方が店が忙しいため旅行にもいけないという大忙しの毎日。

そこで「どれみ」たちはある提案をする。「自分たちが一日だけ代わりにお店を手伝うから2人は今日一日遊んできていいよ」と。

で、いざ2人は外に遊び行くと、結局家のことが気になって思いっきり楽しむことができず、家に帰ってくると「ゆかり」は「はづき」とお父さんが話しているのを聞いて、「あや」はお父さんと一緒に働いた「ハナ」の感想から

お父さんの凄さや気持ちを知るのだった。

そしてその後すぐに「父の日」が来るとのことだったので、2人はMAHO堂で「どれみ」たちに手伝ってもらいながら、父の日プレゼントとして店の暖簾を織ってあげた

という話でした。

 

俺こんな2人みたいなことやってない。

どうしよッ!( ゚Д゚)

 

日頃から感謝の気持ちを伝えていられているなら「父の日」にわざわざ何かする必要もないんだろうけど、「父の日」にすら何もしないって

それでいいのか本当に!?

まだ自分自身がガキすぎるって可能性もあり得るか・・・?

きっと自分もパパになれば、父さんという存在の偉大さを理解できると思うから、その時なら素直になれる気がするゼ。

 

・・・え? パパになる前にお相手がいないって?

うるせぇよッッッ!!!!!(´゚д゚`)

 

 

おまけ

pixivの方には4コマ漫画も掲載しました。

おジャ魔女」ネタが分かる人はこちらも見てくれると嬉しいです。⤵

www.pixiv.net