今何してる?

U.Zのネット版日記

こんなアニメがあったとは・・・時代って怖い

 

f:id:UZ-226:20141223220710p:plain

 

「ジーンダイバー」1994年「天才てれびくん」内のひとつのコーナーとして放送していたアニメみたいです。

知ったのは「デジモンアドベンチャー02」を見てる時に、類似作品として検索に「バーチャル3部作」と呼ばれるものがひっかかったのがキッカケでした。

「バーチャル3部作」とは「天才てれびくん」の中で放送した「実写の人物が『デジタルワールド』もとい『バーチャル空間』に入ることで二次元の体になり冒険する」という斬新な表現方法を用いた「恐竜惑星」「ジーンダイバー」「救命戦士ナノセイバー」の3つの作品のことを指すそうです。

デジモン」が見終わった後youtubeで検索をかけたら「ジーンダイバー」だけ発見できたので、先日にあった連休3日間で一気見してしまいました。(全話見ると2クールアニメ分あるので、結構疲れた)

 

f:id:UZ-226:20141223223107j:plain

f:id:UZ-226:20141223223145j:plain

OPのツーカット

・主なあらすじ・

デジタル情報化された地球上のDNAデータにとあるバグが発生したことで、デジタル情報化され地球と同じ構造で作られたバーチャル世界の過去に、歴史上存在しなかった生物が誕生してしまった。しかも驚くことにその生物たちは知能を持っていたのだ。彼らはそのバグを人間に元通りに直される前に人間の祖先を抹殺することで、歴史そのものを改善させようと企んでいた。そこで主人公の「ユイ」は自分のDNAデータを使いバーチャル世界にダイブし、その謎の生物たちの野望を阻止するため戦うのだった。

みたいな感じです。 ← 勝手に書いてるから間違ってるかもw

いちおう、ジーンダイブしながらバーチャル世界の時を遡り、DNAの成長や分岐の歴史をたどっていくという点が、このアニメにおける教育番組的要素だったのだと思われる。

 


ジーンダイバーの話と話の間に流れるアレのまとめ - YouTube

 

この動画を見て分かるように、とても楽しそうな感じですね。しかし・・・

本編はなんとも難しく、子供向けとは程遠い本格SFものだった!?

 

ここからはネタばれが過ぎるので、まだ見たことがなくて、ここまでで興味を持って「見てみたい」と思った人は続きは読まない方が良いと思います。

ぶっちゃけ最初っから最後まで「何コレ」としか言えないような内容でしたけど、最終回とその一話前の話はもう「マジでこれ夕方の子供向け番組で放送してたのかよ!」と、今を生きる子供たちなら誰もがツッコミたくなるような内容でした。

こちらをご覧ください。

f:id:UZ-226:20141223225159j:plain

この生き物は「プグラシュティク」といって、それこそが情報のバグで発生した生き物ですね。彼女は「ティル」という名前で「ユイ」と行動を共した唯一の「プグラシュティク」だったのですが、

仲間から裏切りの容疑をかけられたシーンで、「プグラシュティク」の仲間から「自害しろ」と言われ自分の持つドリルアームで脳みそ掻き混ぜるというショッキングなシーンが・・・

 

f:id:UZ-226:20141223225950j:plain

この生き物も「ピュイクシー」と言って、バグで発生した生物の一匹。自身を「パック」と名のる彼は序盤から「ユイ」と共に行動をする仲間の一匹だったのだが

このシーンで刃物を持つ謎の大男に捕まえられ・・・

f:id:UZ-226:20141223230335j:plain

こんなことに・・・

 

一方「ユイ」はこの時

f:id:UZ-226:20141223230432j:plain

何故かこんな場所にいました。

 

f:id:UZ-226:20141223230505j:plain

銃をぶっぱなすオッサンがいれば

 

f:id:UZ-226:20141223230516j:plain

都会だってのに戦車がそこらじゅうに走っていて、まるで戦場。「最終兵器彼女」かなんかと間違えそうじゃないか。

 

f:id:UZ-226:20141223230726j:plain

逃げ回る人の目の前にミサイルが飛んできて、その直後・・・

 

f:id:UZ-226:20141223230806j:plain

チュドーン!!

 

f:id:UZ-226:20141223230856j:plain

血みどろの死体がぶっ飛んでいくわ

 

f:id:UZ-226:20141223230934j:plain

目の前に何体もの死体が転がる光景に「ユイ」の顔は真っ青。 ← 当たり前だ

そのまま何が何だか分からずに逃げ続ける「ユイ」だったが、結局最後は・・・

f:id:UZ-226:20141223231201j:plain

このようなありさまに・・・

 

 

 

ここまでで十分すぎるくらいに、子供向け番組でやる内容に思えません。

しかしこのあとの最終回で、今では深夜アニメでもありえないことが起こってしまった。

 

f:id:UZ-226:20141223231647j:plain

最後、この物語の惡の親玉とも言える存在「スネーカー」とのコンタクトに成功した「ユイ」は宇宙へと意識が飛ばされていくのだが・・・

 

f:id:UZ-226:20141223231957j:plain

ん?

 

f:id:UZ-226:20141223232019j:plain

んん!?

 

f:id:UZ-226:20141223232106j:plain

んんんんんッッッ!!!!!?????

 

 

まさかまさかの女児キャラクターのTKB表示だ!!! 謎の白い霧すらかかってないなんて!!www

今ではこういった表現のしかたは「ジポホー」やら何やらで規制されていますからね。あの「toLOVEる」のOVAですら規制かかってるらしいですもんね。(俺は漫画しか読んだことないから良くは知らんがw)

描きこみ方がエチィくないからって、今のアダルトアニメにのみ許された表現方法を使用したアニメを「天才てれびくん」で放送していて、それを子供に見せていたなんて・・・

 

 

でもま、今だからこそ、このアニメを見て良かったよ。(上であんなこと書いた後なのに、こんなこと書いたら誤解を受けそうだがwww)

恐竜惑星」も「救命戦士ナノセイバー」も機会があれば見てみたいけど、ネットで検索してみると「ジーンダイバー」が中では一番好きと言ってる人が多いようだったので、3つの内これだけでも見れて良かったです。

この先映像的な作品を作る機会が出てきたとき、こんな作品が昔やっていたってのを少しでも多く知っておいて損は無いですからね(´・ω・`)

 

 

追記

www.pixiv.net

 

ファンイラストも描いておきました。⤴