今何してる?

U.Zのネット版日記

読み終わったのだ。

 昨日、一冊本を読み終えました。ネバーエンディング・ストーリーの原作で知られる ミヒャエル・エンデ。その人が書いた「モモ」という作品です。実はこれ小学生の課題図書になってる一冊で、今頃かよ、と思いながらも読みました。

 しかし流石小学生の課題図書。パッと開いた第一印象は「ひらがな多ッ!」であった。まあこれは出版する際の問題で元々こうでなかったんでしょうがね。とにかく読みづらいったらありゃしなかったよ。

 でも内容は勿論一流作家が書いたものですから、奥が深いし、何より楽しいし、小学生の時読まずに今読んで正解な作品だったと思えましたよ。←ただ小さい頃から読書が嫌いなだけです。

 登場人物で重要だったのは「主人公 モモ」「道路掃除夫 ベッポ」「観光ガイド ジジ」「時の支配人 マイスター・ホラ」「予言亀 カシオペイア」「灰色の時間泥棒」 と、このくらいだった。舞台劇をやるのにも丁度良い役数かもね。

 人生には時間が限られている。生きていられる時間をただゆったりと、思うがままに暮らしたい者と、そうではなくもっと有意義な時間を過ごすため常に時間に追われる生活を皆に強制させようとする者。両者による時間の狭間での戦いを描いた物語。 ってな感じの話だったのかな?

 って今書いたの物語のクライマックスのとこだけじゃね!? いきなり最強のネタばれしちゃってんじゃねコレ。最近流行ってる「ビブリオバトル」みたいなの、俺こんなんじゃあ絶対参加すらできねえな。。。

 そうそう、この「モモ」って作品本当は最初の方すごいじれったい感じの話なんだよね。ただモモって女の子が村中の人の独り言を延々と聞いているみたいな感じでさ。モモは話の聞き上手って設定だから、話聞いてるだけで良いのかもしれないけど、俺は読み上手じゃないから延々と独り言読んでるのは厳しすぎたよ。このシーンでは文勢にほとんど抑揚がないからすぐ眠くなって、何度途中で意識がなくなったことか。

 最終的には全部意味ある伏線になっていて、最後に盛り上げるこの感じ。まるで探偵ものみたいな盛り上げ方だった。けどむちゃくちゃファンタジー溢れてて、且つ時代への鋭い風刺も描かれている。あとがきでは、このような幻想的な童話の形式をミヒャエル・エンデより「メルヘン・ロマン」と名付けられた。と書いてあった。

 なんだか自分で作った作品を見て評価してくてた人が、いつも自分に言ってくる「君に足りないもの」がこのメルヘン・ロマンの中には全部入っていた気がした。

 頑張ろう俺。俺の中にはメルヘンだってロマンだってたくさん詰まってるはずさ! その熱い魂を作品に込めてできるだけ伝わるようにすりゃいいんだろ? やったるよ。

 超かっとビングだッ オレェエエェェェエーーーーーッッッ!!!