今何してる?

U.Zのネット版日記

つまりこの棒は、棒であった。

なんか最近現代文の授業で、安部公房の「棒」って作品をやった。作中にでてきた「棒は、棒」って言葉が、俺の中にある何かを刺激した。

専門学校のオープンキャンパスに計4か所行ったよ。大学に行く選択肢のない俺は、専門学校で漫画の技術向上をしようと、そう簡単に考えてた。でも、幾つもの学校を転々とすると、やはりその道の狭さ・厳しさ・不安定さがビシビシ伝わってきた。

前の記事にも書いたけど、俺にはもう将来他の選択肢がない。勉強ができなくて、専門学校に行くと決めている時点で、漫画描いて食っていく。それが唯一自分が独立後に生きていく為の手段なのだと。

親は言う。そうでもない、と。専門学校は専門学校でも学校それぞれのカリキュラムの違いで、漫画一本の選択肢じゃなくすこともできる学校がある、と。漫画以外のことに挑戦して何か他の才能を開くことができれば、就職口も見つかるかもしれない、と。

実際にその言っていた、漫画一本ひたすらやる訳ではなく、漫画のコースに入りつつ他の授業も並行して学ぶことのできる学校の見学に行った。一つのことにとらわれすぎず、視野を広くすることができる。色んな分野を学べて色んな分野の仲間ができる。ますます世界が広がる。そんな様なコンセプトを感じさせるとても印象の良い学校だった。

しかし、他の学校で言っていた「漫画家になれるのは僅かな人間のみ。就職することも頭に入れたうえで漫画を描いても、考えてない人間に負けるのは当然です。漫画家を本気で目指すなら就職はあきらめる。その覚悟でないと、専門学校のマンガコースでは通用しません」という言葉が、どうしても自分の心にひっかかったままでいる。実際俺もそう思っているところがあるからなのかもしれない。

俺は正に今、人生の岐路に立たされている。前者の学校に入れば楽しいキャンパスライフが送れること間違いないだろう。その上で何か自分の中の新たな可能性を見出すことができればそれを自分の職にするという選択肢が増えるだろう。職に就いた後でも漫画家になれる可能性がゼロになる訳でもないし、安定した選択と言えるだろう。

しかし、ここでは就活のサポートはしてくれるが漫画家になるためのサポートはない。ここの学校にあるのは飽くまで「就職」だからだ。マンガコースなんてあるのも結局他のところで才能がなければ意味ないのだ。仮にもし俺が他の分野で新たな可能性を見出すことができなかったら、それこそ、そこで学んだことが活かせる職に就くのは困難になるし、ましてや漫画一本で頑張っていた他の者に漫画で敵わなくなってしまう。こちらの学校でもやはり絶対的な保障はない。

対して後者の学校では、それこそ文字どうり漫画一本在学中ひたすら勉強することになる。ひたすらというのも文字に書くのは簡単で、実際それはもう凄まじいほどスパルタな指導だった。卒業生の成果が書かれた冊子を閲覧したが、1~2年の間に目に見えるスピードで上達したのが読みとれるほどだ。もちろん漫画家になる為のサポートは充実していて、プロになれなくても学校のコネでアシスタントとして雇ってもらえるような仕組みがあって、それでアシになった人の中からプロになったという人がいるらしかった。

だが実際の話、プロになれなくても、の、プロになれるのはどれくらいかというと。一つの学年のマンガコース全体の一割らしい。マンガコース自体が少人数なので、その中から一割というのは業界からしたら高い数字らしいのだが、事実他の残った九割はアシ止まりということだ。

アシスタントは漫画家以上に不安定だ。実力がなければその分もらえるお金は少ないし、自分の実力とは関係なしに、担当していた作家さんの連載が終わればそこで稼ぎどころを失ってしまうからだ。

後者の学校に入って勉強を熱心に続けていれば、前者の学校より漫画家になれる確率が上がるだろう。しかしそれでももし漫画家になれなければ、アシスタントとバイト掛け持ちで生活費稼ぐなんてこととなり、俺の場合早死にすること間違いなしだ。

そんなこんなで、親に正直なこと言われた。「漫画やめろとは言えない。けど前者の学校入って就職口見つけて欲しい。」と。前々から親は俺が漫画家目指してるのに反対していて(漫画家なるの反対しない親なんて聞いたことないが)それでも、俺の真剣な気持ちを汲み取ってくれていたので、あまり口出ししないでいてくれていたのだ。だが今回ばかりはその限りでなかった。

親の気持ちも分かる。いや、本人にしかわからないことはあるんだろうけど、俺をどんな気持ちで生んだのか、俺をどんな気持ちで育てたのか、俺をどんな気持ちで見守ってきたのか、俺と今日までどんな気持ちで一緒に暮らしてきたのか(オレニドンダケオカネヲツカ ry)考えるだけ無意味だが、きっとそんな思いが関係しているんだろう。だから本音がでたんだ。俺が独立できなければ、導き出される結論は、早死にだからだ。

ここまで子を育てた親が、子に自分より先に死んでもらうなんてこと許せるはずがないんだ。家庭内暴力(この場合、親が子に対してだが)をしてるとこはともかく、親ならだれでもそうだろう。

そんな訳で、今日親が俺の進路についてマジな顔で話してきたのだが。話終わったあとで、今までずっとどっちに行くか迷ってたはずの俺が、こう思ってしまった。「ああ、だったらむしろ絶対漫画家になって親孝行しなくちゃな」と。

いや、それが既に親不孝ってわかってるけどね。話全然聞いてなくて、ただのエゴじゃんって思ってんだけどね。やっぱり俺、生きるの面倒くせえって思いながら生きながらえたくないんだよね。まだ若いのにって思われるかもだけど、誰かに使われて、自分は何も残せずに死んでいく、それだけは俺今からでも嫌だって思うんだよね。

「棒は、棒であった」この「棒」の意味を分かる人なら分かると思うけど、俺はその棒にはなりたくない。もし死ぬことになってもちゃんと裁かれて死ぬ方がましだ。

例え叶わなくとも、自分の全てを出していきたい。俺の全てを出してって生きたい。俺の全てを出し切って逝きたい。